MENU

自己破産手続きを弁護士に依頼するメリットとは

自己破産を申請する債務者の約9割の人が弁護士に自己破産の手続きを依頼しています。自己破産の申請は弁護士に依頼しなければならないという決まりはありませんので、債務者が自分自身でもできますが、弁護士に依頼する方が何らかのメリットが多いと考えている債務者が広島市でも多数を占めていると言えます。弁護士に自己破産申請の手続きを依頼するメリットは大きく二つに分類されます。一つ目は弁護士に依頼すると安心感が得られることです。自己破産申請をする債務者はほとんどが初めての経験でありますから申請書類や手続きの煩雑さがあるのから解放されますし、書類の間違いや不備などで裁判所に受理してもらえない事態もなくなります。それに弁護士は専門的な知識を持っていますので、依頼人にとって利益になる方法や手続きを取ってくれることも安心感を増します。最終的に裁判所が「免責許可の決定」を出さなければ自己破産はできませんが、弁護士に依頼したほうがこの決定を受けられる可能性は格段に高くなります。
二つ目には弁護士に依頼することによって債権者からの取り立てが止められることです。自己破産申請をした時点で債権者からの取り立ては停止されるのですが、一部の違法業者などの債権者は取り立てを続けることがあります。しかし、弁護士が債務者側にいるということになればこのような債権者もあきらめる場合がほとんどです。それでも弁護士に依頼するかどうか迷っている人は、広島市にもある弁護士事務所が開催している無料相談を受けてみることをお勧めします。